ダイエットしたらお肌がたるむかも - ストップ・ザ・お肌のたるみ

ダイエットしたらお肌がたるむかも

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!今日もご訪問いただいてうれしく思います。

女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の誰しもが、「きれいになりたい!」とかんがえていると思います。

でも、皆、ダイエットをして痩せればきれいになると思っていませんか?

確かに、綺麗な女優さんやスタイルのいいモデル(今後の基準とするべく、試験的に試みるものをモデルといったりもします)さんを見ていたら、そう思ってしまうんだと言えるのです。



しかし、正しいダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)を行わず、間違ったダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)を行っていると、ただ痩せるのみでたるみだけが残ってしまったりするのです。

体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が増加することにより、皮下脂肪の量も比例して増えていくので、皮下脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が増えていくと、皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。



また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)もその量にあわせて引き伸ばされていく事を御存知でしょうか。

皮膚と言う物は、脂肪が増加すれば自然とその脂肪にあわせて伸び、脂肪が減少すればその減少に合わせて自然と縮んでいくものなんです。

理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)的なダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)は、一ヵ月に1kgといわれていて、これを守っていればお肌のハリも維持したまま、きれいに痩せる事が出来ると言われています。



ところが、過激なダイエットを行い、一箇月に1kg以上落としてしまうと、今まで蓄積していた脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が異なります)を急速に減らすことであると言われています。

すると、伸びていた皮膚(どうもですね、そこには常在菌というものが存在しているという)が脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)の減少速度に追いつくことができず、たるみや肉割れなどを起こしてしまうのです。



よくダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)をした後に、胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)が小さくなってしまうと言う話が多いみたいですし、

ダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本です)して気がつくと、大腿部の内側に妊娠線っぽい肉割れが出来てしまったなんて話も聞きます。



それでも若いうちは再生する事が出来ますが、年をとるのに伴ってたるみが起こった場所や原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)によっては、そのたるみを治すのが出来ない事もあるそうです。

ですので、ダイエットをして痩せれば、それだけできれいになるという考えは捨てて下さい。

体重を減らすことだけを考えるのではなくて、どうすれば綺麗に見えるのかを考えながら、ダイエットするといいでしょう。




ということで、―地球滅亡まであと427日―


この記事の関連ワード
目の下のたるみ 肌 たるみ 改善 顔 たるみ 目の下 たるみ 原因 顔のたるみ 原因 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ストップ・ザ・お肌のたるみ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。