乾燥肌と肌がたるむ悪影響について - ストップ・ザ・お肌のたるみ

乾燥肌と肌がたるむ悪影響について

((*´_●`☆゚+.GoodMornig+゚☆´●_`*))今日も一日頑張っていきましょうね。。

女性にとってお肌の悩みは尽きない物ですが、年齢と同時にそのお肌の悩みが増えていくことは仕方ないことではないでしょうか。

しかし、ご自身の年齢に合わせて対策をとることは可能になるでしょうね。



秋から冬にかけて空気が乾燥してくる頃かも知れませんねが、この乾燥がお肌のたるみの元になることを知っていますか?

20代を過ぎた頃から、お肌の保湿成分が除々に失われていき、お肌が乾燥する事により肌細胞の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)がなくなり、

皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)が薄く硬くなってしまって、たるみが発生します。



元々乾燥肌タイプの人も多くいらっしゃると思いますが、乾燥しやすくなるのも年齢を重ねていく上では仕方のないことでしょう。

20台30代をピークにホルモンバランスの影響で、皮脂の分泌量が減っていきます。

皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の分泌量が減っていくのに伴い、水分も蒸発しやすくなってしまうので、お肌の潤いを保つ事が難しくなるのです。



また、老化と共に、天然保湿因子NMF、セラミド(玄米やこんにゃく、大豆などにたくさん含まれています)(細胞間脂質)、ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)などが減少してしまうのも、

乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)になりやすくなる要因と思っているのです。



それに、ケラチンという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、このケラチンという繊維がお肌のハリと弾力を維持するのに重要な役割をしているのです。

ケラチンはお肌のスポンジのような役割をしていて、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)をたっぷり含んでいる時はハリを維持出来るのですが、水分がなくなってしまったら弾力がなくなってしぼんでしまうので、たるみなどを引き起こすのです。



このように、年齢と共にお肌の水分(あるものに含まれている水のことです)をおのずと維持していくのは徐々に難しくなっていくのです。

お肌を乾燥させたくありませんのでにも、保湿効果の高い化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)や美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)で、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補っていく必要があるでしょう。



さてと、応援クリックしてね・・・プチ


この記事の関連ワード
皮膚のたるみ 解消 たるみ アンチエイジング 顔のたるみ 原因 肌 たるみ 改善 たるみ 改善 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ストップ・ザ・お肌のたるみ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。